「勝つ」ために強くなりましょう、とは言ったことがないです

2020年6月21日

今回は、強くなることの楽しさ、に対する私の考えの一つを書いてみます。

強くなることの楽しさ

強くなった方が楽しめる

実は私、「勝つ」ために強くなりましょう、とは子どもたちに伝えたことがありません。

 

もちろん、勝てるようになることも大事な将棋の楽しさではあると思います。

「勝負」としての将棋は、勝つことが大事です。

 

例えば「県代表」というものを目指したら、準優勝も予選落ちもそう大差ない、と思います。

なぜなら「県代表」になれたかなれなかったか、が問われる部分ですから。

 

ですが「勝つ」だけが将棋の楽しさではなくて、「知らなかったことを知る」ことや「できなかったことが、頑張ったらできるようになっていく」ことも、「勝つ」ことに負けず劣らず大事なのではないか、と私は考えています。

 

そこで、「勝つために強くなる」という代わりに伝えてるのは、

 

強くなった方が、将棋楽しいよ

 

です。

将棋の指導をする意味

例えば将棋教室に来たばかりの子どもたちと比べると、さすがに自分の方が将棋を「深く」、そして「広く」楽しんでるという思いはあります。

でも、これは私の肌感覚的な部分も多々あり、なかなか言葉にして子どもたちに伝えるのは難しいです。

 

じゃあ、どうやったらその楽しさが子どもたちに伝わるのでしょうか?

以下、将棋教室に見学に来た子どもとの会話です。

 

私「君が、ものすごく美味しい食べ物を見つけたとしようか。本当にそれは美味しくて、とても言葉に表せないぐらいだったとする。その美味しさを、できるかぎりそのままお母さんにどうしても伝えたいと思ったら、君はどうする?」

 

子ども「うーん…お母さんに食べてもらう!」

 

まさにその通りだと思います。

言葉で伝えにくいのであれば、実際に経験してもらうのが一番伝わりやすいと思います。

 

私「そうだね。先生が今感じている将棋の楽しさも、君が先生と同じかそれ以上に強くなれば、きっと君に伝わると思う。だから先生は、君たちを強くすることで、君たちに将棋の楽しさを伝えようとしてるんだよ」

 

私「将棋強くなったら、すごく楽しいよ!

 

将棋に何を求めるかは「考え」や「性格」、「具体的な目標」やそれに対する「モチベーション」等により、一人一人が全く違うと言っていいと思います。

ですから、当然「将棋の楽しさ」も人それぞれ違うものだと言えるでしょう。

 

その子が何を望んでいるのかをしっかり見極めて、それに合った楽しさを伝えていく。

それが指導者の役目だと私は考えています。

 

これからも、将棋の「楽しさ」をたくさん伝えていきたいと思います。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。