将棋はどのように勝ちを目指すのか?  ~レポートより一部抜粋~

2020年6月21日

私は、将棋は「勝つための構想や方針」からそれに沿った「指し手」が導き出されるものだと考えています。

 

イメージとしては「」みたいなものです。

大きな「」から小さな「枝葉」が出ている感じですね。

 

このように、将棋も「大きなもの」から「小さなもの」に繋げていく気持ちで指せばいいのではないか、と思います。

 

以下、この考え方を私が以前とりまとめて書いたレポートの一部です。

そのため、ブログ記事と違って文章が「である調」になっています。

ご了承ください。

テーマ1 将棋はどのように勝ちを目指すのか?

方針を決める

将棋の勝ち方は、大きく分けると次の2通りとなる。

  • 玉の堅さを活かして、攻め駒を捌いて攻めあって手勝ちする
  • 相手の駒を抑え込んで、自分の駒だけ働かせて駒の働きの差で勝つ

 

将棋は大まかにいえば、上記の二つのどちらかを基本方針として勝ちを目指すことになる。

価値の高い手を選択する

将棋は方針に関係なく局面ごとに次の一手を考えると、それぞれの手に繋がりのない「点の将棋」になりやすい。

 

だが大事なのは、局面ごとに独立した手を指すのではなく、決めた基本方針に沿って手を選んでいくことである。

 

そうすれば、「前に指した手」を「今指す手」が活かすように、また、それらの手を活かして「次の手」を指すように、それぞれの手に繋がりのある「線の将棋」となる。

 

将棋はこの「線の将棋」を目指すのが基本である。

 

方針に沿った手の候補がいくつか浮かんだら、それぞれの手の良い点悪い点をピックアップして、それらを比較の上選択する。

 

将棋の指し手は、ほとんどの手に良い点もあれば悪い点もあると思ってよい。

 

良い点ばかり目を向けるのではなく。悪い点もしっかり考慮し、余計なリスクは回避する必要がある。

テーマ2 具体的な勝つための方針の決め方

戦法・戦型の理解度を高める

戦法・戦型には、それ自体に勝ち方(前述テーマ1の①か②)が備わっているものがある。

※例えば、振り飛車居飛車急戦の代表的な戦いである「四間飛車」対「棒銀」だと、「四間飛車」が前者で「棒銀」が後者

 

まずは、自分と相手の選んだ戦型・戦法にそれらが備わっているかどうか、また、備わっているのであれば、どういう勝ち方が備わっているのかを理解する必要がある。

 

自分の選んだ戦型・戦法に「勝ち方」が備わっている場合は、基本的にはその「勝ち方」を方針として進めていく。

 

自分の選んだ戦型・戦法に「勝ち方」が備わっていない場合は、以下に述べる「形勢判断」を常時行いながら、勝ち方の方針を決める必要がある。

形勢判断による方針の決め方

形勢判断を行うためのポイントは、主に以下の三つである。

  • 駒の損得
  • 駒の働き
  • 玉の堅さ(安全度)

これらを双方比較して、「自分がリードしている点」を、さらにリードを広げて勝ちを目指すのが基本的な方針となる。

 

ただし、これらの三つの中でも「駒の働き」は最も大事な概念であり、最終的にはこの差を広げて勝つことに繋げていくイメージとなる。

 

そのためには、他の二つ(駒の損得・玉の堅さ)で得をする手よりも、駒の働きを優先する手の選択をするべき局面があることをしっかり理解した上で、それらの「価値基準の違う得」を正しく比較し、勝ちに最も結びつく手を選ぶことのできる「大局観」を養うことが大事である。

 

以上、私が以前書いたレポートからでした。

 

もし、ご覧いただいた方に少しでもお役に立つのであれば、とても嬉しく思います。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。