将棋のさまざまな「顔」について(2) ~知育ゲームとしての将棋~

2020年6月21日

前回の記事に引き続き、今回は「知育ゲーム」としての将棋について書いてみたいと思います。

「知育ゲーム」としてのとしての将棋

「考える力」を伸ばす

以前書いた記事の中で、うちの教室のコンセプトは「考える力を伸ばす」というものだとお伝えしました。

 

この「考える力」とは、もう少し具体的に書くと「ある物事について、それに関する情報を参考に自分で考え判断し、結論づける力」ということだと考えています。

 

将棋で言えば、「ある局面で、大事な将棋のコツを守りながらどの手が最善かを考え判断し、指す手を決断する力」となります。

 

これら2つの思考プロセスは、かなり似ているものではないかと私は思うのです。

 

この思考プロセスを、将棋が強くなる過程で何度も実際にやってみることで「経験」が積み上げられ、その結果、前述の「考える力」が伸びていくのだと思います。

 

そして、それこそが将棋が「知育ゲーム」であるという所以になるのではないかと考えています。

 「考える力」は日常生活にも役立つ

この「考える力」の思考プロセスは、さまざまな日常生活にも役立つ力である、と私は考えています。

 

例えば学業においては、「目標を定めて今の自分の学力を把握し、目標を達成するためにどういう勉強をすればいいかを考え判断し、実行に移す力」と言えるでしょう。

 

また、仕事においては「より良い内容で仕事を完了するために、何が必要でどうすればいいかを考え仕事を遂行していく」ということになるかと思います。

 

せっかく「将棋」が強くなるために何度もこの思考プロセスをやりこむのであれば、それによって身についた「考える力」を将棋だけにしか使わないのはもったいない、と思います。

 

私が子どもたちの保護者の方と話をしているときに、よくお伝えすることですが、

 

「私は将棋の指導者ですから、ずっと将棋を続けてくれればもちろん嬉しく思います。けれども、もしかしたら他に将棋より打ち込めるものを見つけるかもしれません。」

 

「その時にそちらの道を選んだとしても、将棋で学んだ考え方がそちらで活かせるのであれば、将棋教室に通っていた甲斐があった、というふうに思っていただけるのではないかと考えています。」

 

子どもたちの「考える力」を、しっかり伸ばしてあげたいと思います。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事