八枚落ち編(1) ~伝えるべき大事なコツ①~

2020年6月21日

今回より、うちの将棋教室での八枚落ちの指導方法について書いてみます。

八枚落ちでの指導

まず伝えるべき大事なコツ

八枚落ちの手合いになって、いよいよ下手側はすべての駒を使って将棋を指すことになります。

 

以前の記事で、入門クラスでは将棋でとても大事な三つのコツを、ミニ将棋を用いて伝えていくという内容を書きました。

 

今回、将棋盤もミニ将棋に比べて広くなり、また使う駒もすべての種類となります。

そこで、八枚落ちでまず伝えるべき大事なコツが出てきます。

 

それは

  • 相手より多い駒で攻める(入門クラスで伝えたことに上乗せ)
  • 相手より安い駒で攻める
  • 駒を中央に集める

以上の三つです。

 

まずは、一つめの「相手より強い駒で攻める」について書いてみたいと思います。

相手より多い駒で攻める(八枚落ちバージョン)

「強い駒」ではなく「多い駒」

ミニ将棋から八枚落ちに上がったばかりの子は、そのほとんどが「飛車」と「」ばかりを動かす傾向にあります。

 

まぁ、強力な駒をいっぱい使いたい、と思う気持ちはよくわかります(笑)。

 

でも次第に、上手の駒運びにどんどん追い詰められて、最後は「」で取られてしまう、というケースが多々あります。

 

どんなに強い駒でも、数で攻められる展開になっては負けてしまうのです。

 

これは、入門クラスで学んだ「相手より多い駒で攻める」ではなく「相手より強い駒で攻める」ということなのです。

 

大事なのは、飛車の働きを助けてくれる駒が必要だということです。

 

攻めは飛車角銀桂、守りは金銀3枚

 

有名な将棋の格言の一つです。

 

この格言に書いてあるとおり、他の駒と連携しながら大駒(飛車と角のこと)を最大限に活かすことが大事です。

4枚の攻め

そして「数の攻め」で意識すべきことは、4枚以上の駒を使って攻めることです。

 

4枚の攻めは切れない」と、よく将棋で言われます。

4枚以上の駒を使って攻めれば、攻めが途切れにくいということですね。

 

勢いよく攻めたはいいけれど、途中で駒が足りなくなって攻めが続かず、そこから何もできずに負けた。というのはよくありがちな話です。

 

まずは、すべての駒を動かす意識で指してみるのが良いと思います。

 

「数の攻め」を忘れないように、あ何度も繰り返し伝えていきましょう。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事